2016年2月28日、第9回「日本手帖の会」手帖ゆるオフがありましたのでご報告します。


前回に続き今回も午前の部午後の部に分けて開催だったので、午前の部レポートに続き午後の部の分をお送り致します。

午後の部
■午後の部
参加者はスタッフを含め20名で、午前の部同様まずは自己紹介と手帳以外の趣味を紹介して頂きました。

文具店巡り、オムライス、写真、音楽、声優、万年筆、アウトドア、ジョギング、レゴブロック、コスプレ、ラーメン

と、午前とはまた違った趣味の方々が集まりました。
続いて、突発ワークショップということで

「A4用紙1枚で作るペントレイ」

作成講座を実施しました。

A4用紙を9回折ってうまく開くとできあがり。説明を聞きながら10分程で完成します。

 

ペントレイ作成の初手。
ペントレイ作成の初手。トレイになるまであと8手。

さて、いよいよ本題ですが、今回は「自分の手帳紹介」を、前回(第8回)と同じくワールドカフェ方式で行いました。

1.テーブルを4つの島に分け、5人ずつ着席します。なお、各テーブル1名はスタッフがファシリテーター役として参加します。
2.テーブル毎に各自テーマについて説明します。
3.一通り語り終わったら、適宜補足したり相互に質問したり、フリートークとなります。
4.以上を30分行ったら、席替えします。ファシリテーター以外の人は適当にテーブルを移動します。同じテーブルでもOKです。
5.新しい配置が決まったら、ファシリテーターは前回に出た話のまとめを新メンバーに説明します。
6その後、2.3.4.5.を繰り返します。「まとめの説明」は1巡目分からすべて行います。

以上を3巡してたっぷり話した後で、最後のあまり時間はフリートークとしました。
今回、私が聞けた範囲のお話で気になった話をいくつか紹介してみたいと思います。
実際にはこの10倍位のネタが聞けて、色々と参考になりました。
・万年筆に蛍光イエローインクを使用。
・万年筆のインクにこだわる。
・キャップレス万年筆。
・手帳のカバーやバインダーに、自作や特注品を使う。
・スケッチダイアリー、ムーンプランナーなど個性派手帳。
・1冊にまとめる派、多冊役割分担派。
・ペンテル・エナージェルの速乾性が気にっている。
・システム手帳に情報も小道具もすべて格納する。リング部分にタバコも。
・手帳を書いてから寝る、朝早起きして書く。
・4:00に起きる人、4:00に寝る人。
・トラベラーズノート、レギュラー派、パスポート派、両刀使い。
・4行日記。事実・発見・教訓・宣言を書く。
・手帳の最初の見開き・最後の見開きに、手帳の使い方ルール、ルーチンワーク、生活目標等を書く。
・方眼罫好きが目立つ。
・ページを左右に分けて使う。
時間が来たら、ちょっとしたまとめを行い片づけ、撤収となりました。

Twitterでは参加報告と感想や、話足りなかったことについての呟きもみられました。

次の機会もまた、楽しみにしておりますので、よろしくお願い致します。
<午前の部のレポートはこちら

投稿者プロフィール

おりひか いくお
おりひか いくお
一介のシステム屋。趣味:編集、路上観察(トマソン/マンホール/ピクトさん)、#twnovel、Perl、アウトドア、模型(1/144)、漫画、非電源ゲーム(TRPG、カード・ボードゲーム)。メイン手帳は日本最古のシステム手帳「システムダイアリー」を30年以上愛用。鷺ノ宮八穴手帳倶楽部(2006~)、日本手帖の会(2011~)。