7月18日、中野新橋にてゆるオフを開催。午前中のパートとしてワークショップを仰せつかりました。

?1437180131227

お題は「マステケース」です。

マステを5、6個携帯できるようなケースを厚紙で作ります。外側はマステを使ってカルトナージュするという寸法。

原案はjuunさん考案で、hoririumが八角形にし、糊付けできるものを設計。今回はhoririum設計のタイプで行いました。

事前に何度も試作して問題点をあらかた検討してあるものの、参加者個人個人の工作の技量は未知数です。カッターで直線を切るのは綺麗にできるのか(厚紙なので)、怪我はしないだろうか、時間がとんでもなくかかるのでは…と心配することはたくさんありましたが…
一応、自分では1時間半以内でできたのですが、ワークショップでは1時間足して2時間30分と見込みました。

さて、作業開始!

CKKNN7zUkAAeK6X

図面はサイドが1枚のAタイプと上下に分かれるBタイプがあります。好きな方を選んで厚紙に貼りつけ、まずは折りスジをつけていきます。

gx0Uq

実際、これがうまく行かない方が数人おられました。というのも、厚紙にスジを付けるには鉄筆などでかなり強く線を引かなければならないのです。参加者のほとんどが女性であったため、力が足りない方がおられたようです。

カット部分についてはカッターで一度に切ろうとせず、二度三度に渡って切ることによって、この部分は無事終了。ほぼ直線だけでカットできる形状であったことも助けになりました。

1437186882791

次に丸ひも留めをつける穴をポンチで開けます。ポンチを金づちで叩いて、厚紙に穴を開けるという作業もおそらく過半数の方がはじめてだったのでは。けっこう力が必要で思いきって叩かないといけないのですが、自分の指を叩きそうでコワい。音も響いてちょっと腰がひけます。実は用意した金づちの頭が大きくなかったというのもあります。皆様ごめんなさいm(_ _)m

次に組み立てる前にマステで装飾。

IMG_20150718_112526

今回はmtさんからマステをたくさんご提供頂きました。ありがとうございます。皆、思い思いに選び、貼っていきます。ここは、さすがに皆さん手馴れている印象。絵柄の種類を混ぜたりと、どなたのも綺麗です。

次にひもと丸留めを「ハトメ」でとめます。ここでも金づちと専用の治具を使用。ここはさほど力もいらないので問題ありませんでした。この丸ひも留めのやり方は封筒やその他のパッケージにも応用できる方法です。覚えておいて損はないですぞ!

1437182796567

さて、ラストの難関は組み立てて糊付けすること。厚紙なので反発力が強く、けっこう大変です。今回は接着剤を吟味したのでここも大きな問題なく、皆さん着々とこなされました。

さて、全員完成!お疲れ様でした。

IMG_20150718_124805

早い方で1時間半、ゆっくりの方でも2時間でできました。最初、難易度が高いかも、と心配しましたが、トータルで丁度良いレベルのコンテンツになっていたように思います。自分も全員無事完成できてほっとした次第です(笑) 楽しんでいただけたなら幸いです。