システム手帳によく使われる素材について、当方が知っている範囲でいろいろ書いてみたいと思います。
まず、一回目は牛革についてです。牛革は最も普及している革だと思います。手帳だけではなく、かばんや靴、財布などさまざまな小物や大物に使われていて、その素材の種類も多数に渡ります。

最も普及しているのは、「ステア」(steer)と呼ばれる牛革です。生後6ヶ月程度までの雄の革です。日本語では、成牛革と呼ばれます。普通、牛革といったらだいたいこれを指すと思って良いと思います。

続いてよく使われるのは、「キップ」ではないでしょうか。カーフと呼ばれる子牛革よりは質が落ちると言われますが、十分に上質な革だと思います。カーフよりも厚めのものが多いようです。だいたい、生後6ヶ月から2年くらいまでの牛の革です。

そして、「カーフ」。これが最も上質な革といわれていて、生後6ヶ月程度の子牛の革でできています。細かな繊維が美しいもので、薄手です。上質な牛革と言ったらだいたいこれだと思います。

他に、「カウ」(生後2年程度の雌の革)や「ブル」(生後3年以上の雄の革)などもあります。

これらの革はそれぞれ加工されて、いろいろな表情を見せてくれる革になっていきますが、それはまた今度。